• ホーム
  • 注意せよ!レビトラの主な副作用

注意せよ!レビトラの主な副作用

薬のスプーン

レビトラにはめまいや頭痛、ほてり、鼻づまりなどの副作用が存在します。
基本的に副作用の症状は軽いため、特に対策を講じなくても数時間経過すれば回復するのが通常です。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルには即効性があり、空腹時に服用すれば約20分でペニスが勃起します。

一方、副作用が現れやすいという特徴もあります。
レビトラを服用した人の9割以上に軽いめまいなどが見られます。
症状は基本的に軽いものですが、数時間経過しても回復しないときはクリニックで診察を受ける必要があります。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、血管を拡張して血流を促進させます。
海綿体に多くの血液が流れ込むことでペニスが勃起しやすくなる仕組みです。
ただし血管が拡張されると血圧が低下するので、副作用として軽いめまいを生じます。
また、脳の血管が拡張されると周辺の神経を刺激して頭痛を生じる場合がありますが、市販の頭痛薬を使用すれば痛みを抑えることができます。
頭痛薬を飲む場合には、胃腸薬も飲み合わせると胃の粘膜が保護されます。

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、空腹時に服用するのが基本です。
一方、頭痛薬は空腹時に飲むと胃の粘膜を荒らす可能性があります。

レビトラと頭痛薬を飲み合わせる場合には、一緒に胃腸薬も飲むと胃の粘膜を荒らさずに済みます。
めまいや頭痛の他にも、ほてりや鼻づまりなどの副作用が存在します。
レビトラを服用すると血流が促進されるため、頭部や鼻の粘膜が充血してほてりや鼻づまりが起こります。

基本的にレビトラの副作用は軽いため、特に対策を講じる必要はありません。
めまいなどが起きた場合でも数時間経過すれば自然と回復するので、安全にED治療ができます。
しかし数時間経過しても回復しない場合には、クリニックで診断を受ける必要があります。
併用禁忌薬と飲み合わせたり、脳や心臓などに障害がある場合には重篤になる可能性が存在します。

レビトラで重篤な副作用を引き起こすこともある

レビトラには併用禁忌薬があります。
狭心症の治療などに使用される硝酸剤や、一定の不整脈薬と抗真菌薬、HIVの治療薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は飲み合わせることができません。
硝酸剤と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を飲み合わせた場合には、過度に血圧が低下する可能性があります。
一定の抗不整脈薬を飲み合わせると、心臓の動きに異常をきたすことが考えられます。
内服タイプの抗真菌薬やHIVの治療薬は、レビトラの血中濃度を高め副作用を強くします。

レビトラはグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品と食べ合わせることもできません。
フラノクマリン酸は、抗真菌薬やHIVの治療薬と同様にレビトラの血中濃度を高めます。

グレープフルーツの他に、ハッサクやザボンなどにも含まれています。
ただし同じ柑橘類でもレモンやバレンシアオレンジなどにはあまり含まれていません。
フラノクマリン酸を含む食品を摂取した場合には、その後24時間以上の間隔を開ける必要があります。

レビトラには体調不良により服用できない場合も存在します。
まず、網膜色素変性症や血液透析中の場合は服用できません。

また、直近6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある場合も服用が禁止されています。
低血圧や高血圧の場合はクリニックで治療を受けており、薬で正常値にコントロールされていれば服用できます。
健康上の問題がある場合にレビトラを服用すると、症状が重篤になることが考えられるので注意が必要です。

レビトラにはめまいや頭痛などの副作用があります。基本的に副作用は軽いため安全にED治療ができます。
ただし一定の場合には症状が重篤になる可能性が存在します。
硝酸剤などの併用禁忌薬を使用している場合や脳や心臓などに障害がある場合は、クリニックで診断を受ける必要があります。