髪を触る女性

EDで悩んでいるならレビトラを使ってみてはいかがでしょうか。
レビトラは、世界で2番めに登場したED治療薬で、他の治療薬では効果がなかった方に利用されており、レビトラを飲んだら勃起の硬さや持続時間が改善したという声を多く聞かれます。
レビトラはED治療薬であるため、クリニックを訪れて診察を受け、処方してもらわなければいけませんが、最近では通販や個人輸入で手に入れる方も増えています。
これらのサービスでは、より手頃な価格で主要成分が同じレビトラジェネリックも販売されており、以前よりも安価に利用できるようになりました。
ここでは、レビトラの特長やジェネリック、購入方法や副作用について紹介していきましょう。

レビトラの服用のタイミングは?

レビトラを服用するタイミングは、性行為の30分~1時間前になります。
また他のED治療薬と違って食事の影響を受けにくいため、食後30分ほどで服用しても構いません。
一般的なED治療薬は、空腹状態や食後1時間~2時間してからの服用を推奨されています。
この違いは、薬の吸収力の違いにあります。

他のED治療薬は、胃の中に食べた食物などがあると吸収が阻害されやすくなっており、デート中の食事や性行為前の食事後に服用すると効果が発揮できません。
もちろんレビトラも空腹状態での服用が最も効果を感じられるという点においては同じですが、食後であっても作用してくれることから他のED治療薬では効果がなかったという方にも選ばれるようになりました。
先ほど説明したようにレビトラを服用するタイミングは、性行為の30分~1時間前が推奨されており、個人差があるものの効果を感じ始めるのは早い人で15分~30分、遅い人だと1時間~1時間30分となっています。
ED治療薬の中でもレビトラは即効性が高いと評価されているため、早い段階で勃起状態の改善や持続力アップを期待できます。

レビトラを飲む場合に注意したいのが、容量用法をきちんと守ることです。
飲みたいときに飲むと言ったような勝手な使い方をすると効果を感じられなかったり、思わぬ状態になることがあるため、必ず守りましょう。

具体的には成人のみが使用する、服用する場合は1日1錠まで、次に服用する場合は前回の服用から24時間を経過してから使用する、24時間以内に連続服用してはいけません。
ビールやワイン、焼酎といったアルコール類と一緒に飲むと効果を感じにくくなります。
アルコールは、少量であればリラックスできますが、多量に摂取すると勃起を阻害することが知られています。
そのためレビトラを服用する際にアルコールも一緒に飲んでしまうと効果を感じづらくなります。
性行為前のデートでは食事がつきものですが、アルコール類は避けるようにしましょう。

さらに注意してほしいのが、レビトラを飲むだけで勃起はできないことです。
中にはレビトラを飲むだけで自動的に勃起するイメージを持つ方もいるようですが、あくまで勃起をサポートするだけなので、服用してから性的刺激を受けなければなりません。
例えばパートナーの裸を見たり、乳房や太ももなどに触れたり、唇を交わしたりしながら性的興奮を感じられるようにします。

もちろん成人向け雑誌やスマホやタブレットなどから成人動画を見ても構わないので、何らかの方法で性的刺激を受けてください。
レビトラは、勃起力維持や硬くなる効果の高さや素早く効く即効性が注目されており、他のED治療薬では効果がなかった方にも選ばれるようになりました。
EDで悩んでいるのなら食事の影響を受けにくく、デート後にも利用しやすいレビトラを試してみてはどうでしょうか。

レビトラにはジェネリックが存在する?

レビトラが登場したのは2003年、日本での正式認可は2004年のことでした。
日本では製薬特許規定があり、正式認可されてから20年を経過すると特許が切れるため、どのメーカーでも同じ成分を用いたED治療薬の開発販売できます。
しかしレビトラは2004年に認可されているため、その特許が切れるのは少なくとも2024年ということになるので国内製薬メーカーは、レビトラジェネリックを販売していません。
しかし広い世界では、レビトラジェネリックが存在している国もあります。
その国こそインドであり、すでにジェネリックが販売されています。

製薬特許が切れていないにも関わらずインドでレビトラジェネリックが販売されているのか、不思議です。
インドは製薬特許を認めていないため、欧米や日本の製薬メーカーが開発した新薬であっても同じ成分を使って医薬品を開発販売できる環境があります。
レビトラとほぼ同じ成分を配合したインド発のジェネリックは、通称「インドジェネリック」と呼ばれており、インド政府による公式の認可のもとに販売されています。
気になるのは、インドジェネリックの効果ではないでしょうか。

レビトラとほぼ同じ成分を配合しているため、レビトラと同等の効果を期待できるものと考えられます。
日本では公式認可されていないのでクリニックでも処方してくれないため、はっきりしたことはわかっていません。
レビトラのインドジェネリックを購入する場合は、通販や個人輸入しなければなりませんし、入手できたとしても偽物である可能性もあるため、慎重に対処することが求められます。

日本国内メーカーは、ジェネリックを開発する予定があるのでしょうか。
2018年の段階だとレビトラの製薬特許が切れていないため、開発製造はできません。
しかし製薬特許の切れる2024年になると続々と発表されるとも指摘されています。
ED治療薬は欧米の製薬メーカーがリードしているため、国内製薬メーカーは、ジェネリック開発に注力しており、いずれ日本製のレビトラジェネリックが登場するかもしれません。
レビトラジェネリックが登場した場合に最も違ってくるのが価格です。

ジェネリック薬品は新薬に比較して開発期間が短く研究開発費用も抑えられるため、レビトラよりも安価になると予想されます。
どれぐらい安くなるのかというとおおよそ20~35%ほどと考えられます。
ジェネリック薬品と言っても開発研究するためには一定の期間が必要であるため、とてつもなく安くすることはできません。
レビトラジェネリックが登場することでのメリットは、より身近になることでしょう。
レビトラを処方してもらうには医師の診察が必要である他、1錠で1500円(10mg)~2000円(20mg)ほどかかることや保険が使えません。
1度の診察で5000円~1万円かかってしまいますが、ジェネリックが登場すれば医療コストを削減できます。

レビトラの購入方法

レビトラは医療用医薬品であるため、泌尿器科のあるクリニックで処方してもらうことになります。
EDという症状は、性行為にまつわる非常に個人的なものであるため、恥ずかしいと思われるかもしれませんが。
しかし高い効果の反面、容量や用法、持病や病歴によっては副作用を発生することがあるため、医師の診察を受けるのが基本となっています。
クリニックの診察内容が気になりますが、初めて診察をうける場合はその旨を受付に伝えると問診票を渡されますので、よく読んでチェックを入れておきましょう。

またクリニックではプライバシーに配慮して番号で患者を呼ぶため、問診票や問診票とともに渡される番号を確認しておきましょう。
医師と対面しての診察では、ED問診票が利用されています。
内容としては以下のような設問があります。

  • 勃起してそれを維持する自信がどの程度あるか
  • 性的刺激に拠って勃起した時にどれぐらいの頻度で挿入可能な硬さになるか
  • 性交する際に挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できるか
  • 性交を終了するまで勃起を維持するのはどれぐらい困難だったか
  • 性交を試みたときにどれくらいの頻度で性交に満足できたか

また泌尿器クリニックによっては、10問前後の設問をチェックすることもあります。
これらの質問に答えた後に検査を行います。
必要となるのが最近受けた健康診断の結果、現在服用している医薬品の有無や種類、血圧測定になります。
その後にレビトラの服用に関する注意の確認をした上で、処方してもらうことになります。

また服用している薬や持病によっては、レビトラを処方できない場合もあるので確認しておきましょう。
気になるのが、1回あたりの診察料金ではないでしょうか。
レビトラは保険が適用されないため、全て自由診療扱いになる他、診察料金や処方される錠剤に応じて診察料を支払わなければなりません。
レビトラは1錠単位で処方されますが、その価格は10mg錠で1500円、20mg錠で2000円となっており、個人差がありますが約3日分~4日分処方されることが多くなっています。
初めて診察をうける場合は初診料も加わるため、7000円~1万2000円ほどかかります。

ネット通販や個人輸入することで購入することもできます。
オオサカ堂やあんしん通販薬局といった個人輸入やネット通販サイトでは、レビトラやレビトラジェネリックを販売しており、1錠あたりの価格が安くなっています。
レビトラでは欧州やアメリカで販売されているものを通販していますが、4錠入り(10mg)で4700円~(20mg)で5200円ほどとなっています。

またインドで販売されているレビトラジェネリックも販売しており、1錠あたり320円ほどで購入できます。
レビトラを安全に利用する場合は、まずクリニックで診察をうけることが基本となっていますが、コストダウンの方策としてレビトラであれば通販で買うのも1つの手段と言えるでしょう。

レビトラの副作用は?

レビトラは、即効性が高いことでも知られていますが、副作用に注意してください。
この副作用は主成分バルデナフィルによるものと指摘されており、感じ方には個人差があります。

最も知られている症状が、顔のほてりです。
顔が赤くなったり、耳が赤くなって熱を帯びる、白目が充血する症状がおきます。
この顔のほてり自体は程度の差こそあれ、服用している方が感じることのある副作用になります。

次に指摘されているのが頭痛です。
文字通りレビトラを服用することで頭部の一部が痛くなったり、ぼんやりしたり、重く感じる場合もあります。
性行為に影響することはほとんどありませんが、気になる場合は医師に相談して頭痛薬との併用を検討してみたください。
レビトラの副作用には、動悸がするというものもあります。
心臓の心拍数が上がり、ドキドキしてしまう症状なので、びっくりしてしまう方もいるようです。

この他にも鼻詰まりがしたという方もいるため、服用した際にどのような症状が出るのか、あるいは出ないのか、症状の程度なども確認するために、容量の少ない1錠10mgのものから始めると良いでしょう。

レビトラを服用した際の副作用の原因は、主成分であるバルデナフィルの作用にあります。
バルデナフィルには血管拡張作用があるため、血液の流れが強くなります。
すると顔や頭の毛細血管に多くの血液が流れ込み、ほてったり熱を持ったりします。
頭痛の原因も血管拡張作用によることが知られており、頭痛対策の一つである患部に氷を当てて冷やすと痛みが緩和されることもあります。
動悸もバルデナフィルの血管拡張作用が原因になっています。

血管が拡張するとより「多くの血液を送れ」という命令が心臓に伝わるため、心拍数を上げて血液を送り出します。
この体の働きが動悸の原因になっており、初めて服用した際にはびっくりするかもしれませんが、1日1錠飲んでいる限りは問題ないので安心してください。

この他のレビトラの副作用として視覚障害やめまい、腹痛や下痢、口内乾燥、嘔吐などがあるため、服用後に車やバイク、自転車に乗るのは控えてください。
レビトラの副作用を感じる方と感じない方がいます。
製造メーカーであるバイエル薬品によると3118人中78人が、ほてり、頭痛、動悸、鼻詰まり他の症状を感じています。
最も多いのがほてりの1.25%、頭痛は0.45%、動悸は0.38%となっており、鼻詰まりは0.29%と、かなり低い割合といえるでしょう。
まためまいや視野障害など他の副作用は極めてまれな副作用が起こることもあります。

レビトラの副作用を感じる人は、1%以下なのでさほどあまり心配しなくても構いません。
ただし副作用を感じないようにするためには、1日1錠の容量用法を守り、アルコールと一緒に飲むのを避けるなど、医師の指示に従って適切に服用することがポイントになります。